起立性調節障害と完璧主義   

こんにちは〜ご無沙汰しました。
実は今年PTAの役員と自治会の役員をしています。昨日ようやくBIGイベントのお祭りが終わり、やれやれというところです。仕事も夏が最盛期のジャンルで、なんだか忙しくってPCの前に座れませんでした。

7月の頭に起立性調節障害の親の会に初参加してきました。今までタイミングを逃して都合が合わなかったのと、去年まで所属していた発達障害の親の会が、PTAのように忙しく、勿論誰かが頑張って進行しているから会も成り立っていて、講演会やお茶会などができているので、感謝してますし、出来るなら私も協力しなければいけないと思いますが、仕事ときらりの起立性に対応するととても親の会までは手が回らなくなって、辞めてしまったんです。そんな経験から、起立性の親の会にも二の足を踏んでいたのですが、やっぱり今の状況では親の会の存在が必要だと思い直し行って来た訳です。

起立性の会の方は高校生、大学生のお母さんたちも多くおられて(うちは2番めに小さいぐらいでした)沢山経験談や、アドバイスを聞けて、本当に良かったです。みなさん苦労してこられたので、各子供への理解と対応が温かく、なんでも話せました。

それでわかったことが、今は何も出来ないということです008.gif

中2中3の頃はとにかくしんどくて、1+1も考えられない位だし、起きられないだろうからと手をひっぱってあげたくても、手を動かすのもしんどかったりするそうなんです。きらりもそうで、こっちが一生懸命起こしてあげようとしても無反応で「なんなのよ021.gif」とプリプリしてたのですが、無反応で当たり前だと言われ、おおいに反省しました。。。

そして驚いた事に、お勉強が出来る子や音楽に才能のある子が結構多いようなんです。私と同じテーブルだった方は高校生クイズに出たことがあるらしく、ベスト8までのこったとか、国立の医学部に在籍されていたり、将来は物理で研究職につきたい方とか。。。
このテーブルには、音楽の方はおられなかったのですが、起立性の専門医の田中先生もおっしゃっていましたが、起立性が治ってから音楽系の専門学校に行く子も多いそうなんです。

そして、気質として、空気を読みすぎる、完璧主義、も共通するようなんですよ。

空気を読みすぎるというのは、きらりでいうと、

クラスで問題が起こり、先生が教壇から子供達に怒りのオーラMAXでにらまれて、犯人はだれや?!と言われた時、その場の空気に耐えられず、自分ではないけど僕ですと言いたくなって手を挙げたくなる衝動を必死に抑えた。といってたことがあったり、

小学校3年の時に友達と唾の掛け合いをして(汚くてゴメンナサイ)相手の子に本当にかかってしまい、その子が、クリーニング代1000円払え!って言って来た事があったんですよ。ヨレヨレのTシャツなのに。そこできらりはおかしい事言うなと思ったそうなんですが、自分が1000円払えば済むのならと、お金を渡そうとしたところに私が帰宅して止めた事がありました。

このような事が、空気を読みすぎると言うみたいです。

また、完璧主義から頑張りすぎてしまい、気がつくとストレスで体の調子が悪くなっているようです。
この時本人は無理しすぎている事に気づいていないことがおおいので、周囲が一休みするなどの声かけをしてあげると気づくそうです。

きらりの完璧主義には私も困っていて、テスト前なのに勉強ではなく、小説の創作にスイッチが入ってしまい、その出来がなかなか納得いくものにならないと、悩んでいたようで、過敏性腸炎になってしまい1週間お腹を下していたのはつい最近のことです。
完璧主義から脅迫性障害っぽくなってしまう事も、お決まりのパターンらしく、きらりが脅迫性なのでは?と心配していた私にはタイムリーな話しでした。

こんな風に考えてみると、ギフテッドの2次障害に起立性というのは珍しくないのではないかと思いました。ポイントは完璧主義、ストレスを軽減させてあげることで2次障害を予防できるのでは?ということではないかと思いました。


にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へにほんブログ村 病気ブログ 起立性調節障害へランキングに参加しています。ポチっと応援して頂けたら嬉しいです。


2Eチャイルドのカテに移ろうと思います。起立性のことも含め、2Eとついている方が気分が楽なので〜移ってからも覗きにきてくださいね〜。よろしくお願いします。

[PR]

by kirarinpart365 | 2014-07-21 09:40 | 起立性調節障害 | Comments(4)

Commented by ネガわんこ at 2014-07-21 11:02 x
こんにちは~♪ 2E にようこそ~♪

起立性って大変なんですね。
私も小5の時に私立病院でそんな診断されましたが、
25才位でいつのまにか治っていました。
当時は血圧をあげる薬とか血剤とか処方されていましたよ。
寝たり起きたりする検査が辛かったのを覚えています。
あれは何だったんだろう....?

きらり君の神童ぶり、
うちの息子に爪の垢でも飲ませたいです。
高校は通信っていう手もありますよね。
最悪、通信と予備校でいい大学を目指す、という
道もあるので気を落とさないでくださいね。
応援しています。
Commented by kirarinpart365 at 2014-07-21 21:55
ネガわんこさん、コメントありがとうございます♪

きらりが神童だなんて><
アンダーアチーバーもいいとこですよ!

ネガわんこさんが診断されたのは、起立性で間違いないと思います。軽度から重度までありますからね〜。
25歳でおちつかれたんですか?しんどい場面もあったでしょうね。母親の体質が遺伝し易いそうですが、息子君は大丈夫そうでよかったです。水泳がとってもいいのだとおもいますよ。

親も本人も焦るんだけど体の事なので仕方ないな、と、治るのを松しかないんですよね。。。
応援ありがとうね!頑張ります!
Commented by dksh_okys at 2014-07-23 12:02
きらりママ、こんにちは! 今回の記事もとても興味深く読みました。

>完璧主義から脅迫性障害っぽくなってしまう

ギフテッド特有の問題を、親も子もきちんと理解していねいに向き合うこと、それが何よりも大切なんだなあとしみじみ思いましたよ。

読んでいますと、ほんとうにきらりくん、つらいだろうなあ、それを見ているきらりママもたいへんだろうなあと。

でも、きらりママがこうして同じ悩みを抱える方々と情報交換できる場があってよかったですね。お互いに共感して今のやり方が間違ってない点を大筋で確認する、その部分は読んでいてホッとしました。
Commented by kirarinpart365 at 2014-07-23 16:57
zoyさん、コメントありがとう。そして、zoyさんにホッとしてもらって私も気持ちが楽になりましたよ。

そうなんですよ。起立性は2次障害。だから根本的なギフテッドの理解を深めて、ギフテッドといってもそれぞれだろうから、きらりについても理解して、2次障害に陥ってしまった要因を改善しないときらりのしんどさは変わらないのだと思います。どう転んでもたくましく、勝手に育ってくれる子ではないので、回りから見ると、過保護とか過干渉とか思われるのだろうけど、そうしないと育たない子っているんですよね。
同じような悩みを持つ親の繋がりは大切ですよね。親の会もそうですけど、zoyさんと出会えた事も、とっても感謝しています^^

<< 2Eチャイルド育児カテに移りました 友達 >>