2017年 04月 16日 ( 1 )   

お花見と温泉   

お久しぶりです。

先日、北の異端研Kさんとギフテッド応援隊の皆さんと一緒に、動物園〜有馬温泉〜オフ会
と言うハードな遠足をしてきました。お天気の具合により、予定は六甲山登山だったのが動物園に変更になり、実は私はほっとしたのでした105.png
体力に自信がないですので💦

桜が満開で、曇りなのが残念だったのですが、桜に魅了されるときに一番、日本人だな〜と感じるのは私だけではないと思います🌸

今回は年長さんから高2まででしたが、低学年の子が多く、テンション上がってが走り回ったり女の子たちは女の子たちだけで乗り物の方へ行ってたりと、一緒にゆっくり話しながら動物を見るということはなかったですねえ、やっぱりそうだよねえと思いながら時々出会うお母さんやK先生とお話ししながら周り、集合場所の猿の前でランチタイム。
それぞれがそれぞれのスタイルでランチでしたが、集団行動をすることが困難だとは全く思わず、どうして学校が苦手になるのかなあ。と首をかしげてくなるほど大変なことはなく楽しく過ごしました。ランチの後に滑り台をめぐって小さい子の中で葛藤もありましたが、本当、きらりの小さい時を思い出し、懐かしさを感じましたよ〜もはや、おばあちゃん的視点110.png

その後有馬温泉で赤茶のお湯に浸かり、女の子たちともお話しできて、娘がいたら楽しいだろうなあ162.pngとほっこりしました✨
移動中にお母さんたちとおしゃべりしたり、K先生のさりげない声かけがそれぞれの子供達に届きやすい言葉を選んでおられる姿を見て、さすがだなあと、頼もしく思ったり、とっても勉強になることが多くて、応援隊での活動が非常に意味があると思え、嬉しかったです。

きらりが、僕が小学生の時に応援隊があったら、めっちゃよかったやろうなあ。学校の友達とは違う、それぞれが自然体でいられて攻撃されることもなく、取り乱すことがあっても誰も責めないし、(というかそこまで気にしない)居心地がいいわあって169.png

私もきらりの小さい時のことを思い出すと、絶対こう言ったグループが欲しかったと思うんですよね。
なかなか同じような感覚を持つ友達はいなかったし、でも「友達が欲しい〜〜〜145.png」と号泣されることも多く、なんとかきらりに合う友達と出会わさせてあげたいとかなり悩みました。
友達と遊んでいても気を使いすぎたりしてすごくストレスで、夜になってまた号泣で、「友達じゃない〜〜〜145.png」と言われ、どうしようもなく切ない日々を過ごしてきました。
だから応援隊は本当に今の年齢になってもオアシス的な居場所で、年齢が違っても一緒に活動することをとっても楽しみにしています。

きらりのように高校生に成っていても、小さい子を見て、自分の小さい時と重ねたりして、過去の自分を分析したり肯定したりすることで、今の自分も好きになれると思いますねえ162.png

次回はゴールデンウィークに美術系のワークショップです。
講師の先生が、もう一度内容を練り直すといわれていますし、またまた楽しみにしています〜169.png




にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by kirarinpart365 | 2017-04-16 11:44 | 親の会 | Comments(7)