<   2014年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

SST   

さてさて、きらりの初めてのSSTが終わりました。

参加したのは、きらりの他に新高1生、きらりと同じ新中2生のいづれも男の子でした。
2人ともほのぼのした感じで優しく穏やか君でしたので、きらりも安心して通えたようです。

1日目は自分がどういう時にストレスを感じるかを紙に書き出したそうです。

2日目は呼吸の仕方でストレスを感じた時に和らげる手法を教えてもらったそうです。グラスに入った水にストローで息を吐くと、ブクブクっと泡立ちますよね。その泡立ち加減が小さい泡でプクプクという位の息の吐き方で吐くと肩の力が抜けるそうです。きらり達は実際、水の入ったグラスとストローで体験してきたそうです。それと、ポジティブな考え(=グリーン)ネガティブな考え(=赤色)として、赤色はなるべく考えない様にすることと、具体的に教えてもらったようです。

帰りの会話で、勉強や受験の話しになったのですが、「ママの話しは赤ばっかりや!」と言われてしまいました(;ーー)

3日目は自分の感じるストレスを解消する為に段階を踏むことで落ち着いて処理出来る様に自分なりに紙にまとめを書いたそうです。

このSSTが即効果があるのかは別として、3日間でしたが知らない人ばかりの中でそれなりに会話も楽しめたようで充実した日になったようでした。少し自信もついたかな。晴れやかな顔で帰って来て私も嬉しく思いました。


★読んで頂いてありがとうございます。よろしければポチッとして頂ければ、嬉しいです★


 にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ     にほんブログ村 病気ブログ 起立性調節障害へ
[PR]

by kirarinpart365 | 2014-03-31 23:11 | 学校 | Comments(5)

別れの春   

3日間のSSTが終わり、その事を書こうと思っていたのですが、突然担任が訪問してきて衝撃的な事実を知らされましたので、そっちの事を書こうと思います。

なんと、新学期に今の担任も美術部の顧問も居なくなってしまうということでした(T-T)

公立中学の担任は非正規雇用の先生がきらりの学年では、5クラス中3人だそうで、非正規雇用の先生の立場が安定していなく、それが子供達にも大きく関わっている事に、改めて衝撃を受けたのでした。

子供は長期スパンで見守って行かなければ成長過程が見られないのではと思うので、公立の先生の異動って、どういう風に決められているのかわからないですけど、異動の理由が非正規雇用だからというでは、新しい先生も親も、子供も1から関係を築かなくてはいけなく、ものすごくエネルギーが要りますし、非生産的だと思います。勿論、とんでもない先生だった場合は早く交代してもらった方がいいのですが、、、

きらりにとっては親身になってくれていた重要な先生たちだったことで、新学年への不安が募る日となってしまいました。

★ランキングに参加しています。ポチットして頂ければうれしいです^^★

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へにほんブログ村 病気ブログ 起立性調節障害へ
[PR]

by kirarinpart365 | 2014-03-28 22:29 | 学校 | Comments(2)

ストレスマネジメント   

今日はなんと、SSTに初めて参加したんですよ。

いままで、新しい場所、場面が苦手で興味があっても、テレビやネットで観れるから行かない。とず〜っと単発の教室にも参加したことなかったんですよ。

市のカウンセリングもお兄さんのような担当者にお誘いされても断り続けていました。なので、WISCを受けさせるのも非常にたいへんだったんです。

それが今回のSSTは「ストレスマネジメント」だったのですが、絶対いかないだろうなと思っていたのに、行く。と即答。聞き間違いかとおもって、本当に?と確認してしまいました。

きらり曰く、ストレスのことだからいくねんで。だそうです。
自分のことをよく分かって、最低必要なことを理解してるからなのか。。。

参加した子達がほのぼの系だったらしく、苦手な感じを持たずに帰ってきました。詳しい内容は秘密だそうで分からないのですが、今日は自分がどういうことに我慢が出来ないのかを考えて来たようです。
そっかそっか、自分の特性を認識することから始まるのね034.gif

あと2回続くのですが、呼吸の取り方などでストレスを軽減する実践などがあるようです。

少しでもストレス軽く出来る様になれるといいな〜。

★ランキングに参加しています。応援のポチをお願いします。更新の励みになります★

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

にほんブログ村 病気ブログ 起立性調節障害へ

[PR]

by kirarinpart365 | 2014-03-26 22:42 | きらりの部屋 | Comments(4)

進路   

きらりの将来の夢ははっきり固まってはいないようですけど、大学は同志社の社会学部で竹内オサム教授のゼミに入りたいことは目標になっています。

(竹内教授のHP)
http://www8.plala.or.jp/otakeuch/osamuw1.html

竹内教授はマンガの評論家で戦前からのマンガにも詳しく(あたり前ですけど)最近のマンガよりも古いマンガを愛するきらりにはまさに直球ど真ん中で、竹内教授のことを知ったときはものすごくエキサイトして自分が日頃思っている事を形にしている人がいたんだ!とうれし涙を流すほどでした。

なぜか今売れてるONE PIECEとか宇宙兄弟とかNARUTOとかは全く興味がなく、古いマンガばかりです。小学校の高学年までは藤子F不二雄でその後はずっと手塚治虫です。マンガばかり増えて家の床が抜けるんじゃないかと心配しています。京都のマンガミュージアムにある会員しか入れない古いマンガの閲覧室があるのですが、勿論会員ですし(母が。18歳以上じゃないと登録できないので)戦前のマンガなどを持って来てはいちいち感動して、「あ〜これがあの有名な作品の実物か〜」とため息をもらしています。

地震に備えて自宅の床下にシェルターを作ってマンガを守りたいと言ったりしています。今のままでは、地震がきたらマンガが落ちて来てマンガで圧死するんじゃないかと思いますけど。

まあそれはともかく、同志社に入るには、高校で推薦してもらうのが一番ハードルが低く受験勉強のストレスも少なくてすむんではないかと思うのですけど、学校に行けていない現状からは普通高校には行けないことが予想されるしそうなると、通信か夜間か・・・その環境で強い意志をもって目標に進めるのだろうか。
中卒でニートにはなって欲しくないんだなあ。。。

今日は今から宝塚にある手塚治虫記念館の「地上最大の手塚治虫」展に行ってきます。
ここも何回行った事か。つきあうのも根気が要ります。><


★ランキングに参加しています。ポチっとしていただければ、更新のはげみになりますのでよろしくお願いします★

にほんブログ村 病気ブログ 起立性調節障害へ 

 にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]

by kirarinpart365 | 2014-03-23 11:14 | 自己紹介 | Comments(6)

隣の芝生   

先日、きらりと1日違いで生まれた子で今同じクラスの男の子とそのお母さんと4人でご飯を食べに行きました。小学校も同じだったのですが今まで一緒になったことがなく、母親同士は友達だったのですが子供同士が友達じゃなかったので、ようやく一緒に行けて、きらりも私もとても楽しみにしていました。

きらりは深くつきあえる友達を常日頃から求めているので、こういったチャンスに友達の仲を深めたい!と期待も膨らんでいました。なので、ゲームは持って行かない、会話を楽しみたいから。と言ってゲームは持たずに出ました。

中学生の男子と言えば会話はほとんどなく、お互いに黙々とゲームをするんじゃないかとちらっと思いましたが、折角きらりが楽しみにしているのだから、きらりのしたいようにさせとくかと、口を挟みませんでした。

店につくなり、友達のT君はさっそく携帯ゲーム。。。やっぱりと思い横目で見ていると、きらりは一生懸命話題を探して話しかけているのですが、T君は「ふ〜ん、あっそ」て感じで会話になっていませんでした。いろいろ引き出しをあけて会話をふるのですが乗ってくれず、母としては切ない気持ちになりました。例えば先輩や目上の人がT君に話しかければT君もそれなりの態度で話しをすると思うのですよ。けど同級生だと気を使う事もないからこういう感じになるんだと思うんです。
会話が続かないので、きらりは新作の自分の小説を持って来ていて、T君に、ちょっと読んでみてくれへん?俺が書いてん。と見せようとしたのですが「長っ」と言っただけで見てくれませんでした。

こんな風に書いてると、T君がきらりの事をきらっている様に思われるかもしれませんが、決してそうでもなく、ご飯に誘ったときも嬉しそうに何度も、きらりに「楽しみや」と言っていたそうなんです。T君は私から見てとっても平均的な子だと思っていて、部活に塾。たまに嘘ついて塾さぼったり。クラスでも友達が多く人付き合いも上手だと思われます。もともと合わない相手だったらきらりもT君もご飯に行かないでしょうし。

T君の気を引けないきらりは、明らかに落胆していました。T君のお母さんも見ていてきらりが気の毒だとおもったようで、変わりに小説を読んでくれました。

このお母さんは看護師さんで、過去に市の保健センターにつとめていた事もあって、発達障害や知能検査なども知識があり、時々話しを聞いてもらっていました。

小説を読んで、T君のお母さんはかなりびっくりして、「こんな内容が書けるようじゃ、そりゃあ友達とは合わないやろね、みんなもっともっと子供やもん。」と言ったので、思い切ってギフテッドの話しをしました。知識がある人なのですぐに理解してくれました。「平均より離れている子には支援が必要だけど、きらり君はどうみても下に離れているんじゃなくて、上に離れているね。普通の子は小学校中学校高校と積み上げて行って自分のしたい事や興味のある事を見つけて行くけど、きらり君はすでに見つけてるし、ピンポイントだからその勉強がしたくてそれ以前の勉強には魅力もやる気もでないんだろうね。けど、やりたくない事をしないと進学出来ないから、そこを支援してあげないといけないんだろうね」と的確に指摘してもらいなんだか雲が晴れたような気持ちになりました。ただ、「日本ではそういう支援してくれる所はないよねえ。。。」と。そうなんだよねえ。母親が自己流で対応するしかなくて、親の手に余る可能性が流れ落ちているんじゃないかとどうしたらいいのかわからないけど、なんとかしたくていつも頭の中を占領してるんですよね。最後にT君のお母さんが「きらり君ママも大変だと思うし、みんなと同じ様に成長して欲しいと思うだろうけど、私はきらり君の才能が羨ましいと思うよ。隣の芝生は青く見えるってことかな」と言ってくれて、すごく嬉しかったし、救われました。とってもスマートでT君のお母さんが輝いて見えましたよ。私もこんな風に思われる人になれる様に日々精進しなければと思いました。

きらりは結局スマホゲームをして時間をつぶし、お開きになりました。T君の事は残念だったけど、お母さんが小説を読んでくれたので少し嬉しそうにしていましたが、私はかなりショックを受けました。T君と1対1でもこの調子なら、学校生活きらりにとってどれだけストレスだろうかと、そのストレスを垣間みた事で、やっぱり学校に行く事に重点を置いてはいけないな。と思ったのでした。

★ランキングに参加しています。ぽちっと応援していただけたら嬉しいです★
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

にほんブログ村 病気ブログ 起立性調節障害へ

[PR]

by kirarinpart365 | 2014-03-22 12:28 | たぶんギフテッド | Comments(6)

診察その2   

行ってきました、起立性の診察。
びっくりです。思っていなかった展開で。。。

起立性のM先生は、会話のズレを感じるのでやっぱり発達障害が絡んでいるみたいとおっしゃりました。。。

まさかの診断で、思はず、いやいやいやと、突っ込みそうになりました。だって、前回までは発達障害起因の起立性だという、心療内科のN先生の意見を否定して、起立性は一次障害であって二次障害ではないと思うとおっしゃってたではないですか!
N先生は自身の専門での診断を言いきるよりは起立性のM先生をたてた診断(N先生の診断であって、それがすべてだと私はおもっていません)というか現状を話されたのかもしれませんが、結局M先生に歩み寄るような話しに最終なっていたんですよ)

M先生ご自身が腑に落ちない点は、、、会話が微妙にずれる。難しい言葉を使おうとするけれど間違った使い方が時折見られる、なので、コミニュケーションが思う様に行かないのでは=発達障害が疑える  と言う事のようです。そして、その事が、起立性1本では片付けられない片鱗があると。。。

何度も確認されたのですが、コミニュケーションでのつまずきは指摘された事はないのですか?----------------------

回答:本人内にはありました。相手の発言に対して軽くアホ馬鹿という内容でも深読みして自分の言動が馬鹿にされるようなことだったのかと言われた後何日も引きずっていたり。ただ、対相手に対して、表面だった言い争いとかではなく、本人の内面でおこる葛藤である事。また、先日の席替えで口答えや私語のうるさい子達に囲まれた事で欠席が続いたのですが、席替えしよかという担任に対して、他の子達は今の席に不満を持っている訳ではないので、僕の為に席替えしてもらうのは申し訳ないから、席替えはしないで下さい。と答えた事から、マイルールを持っている訳ではないのではないか。と言う事を話しました。

M先生:今までコミニュケーションの指摘もないなら(5人以上の精神科医師、臨床心理士に意見を聞いてきました)問題ないのでしょうね。。。では、起立性以外になにかあるとすれば、発達障害を疑いますがコミニュケーションに特に問題がないなら、他になにかがあるのではないでしょうか。あーでもないそーでもないと言っているうちに真実に行き着くものですから、いつか原因が特定できるでしょう。それから、精神年齢が大人に近いと言われているのでもしかしたら、わざと難しい言葉を使っているのではなくて、
頭の中ではそれくらいのことを考えているのでそれを表現したいのだけど、語彙や言葉使いが頭で考えている事までおいついていないのかもしれない。


と、診察終わりました。


規定の診察時間30分を優にこえていました。


席替えで学校に行きたくない病になったのは、どうも聴覚過敏影響しているようです。。。008.gif


★ランキングに参加していますので、よろしければポチっとおねがいします^^★
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ


にほんブログ村 病気ブログ 起立性調節障害へ

[PR]

by kirarinpart365 | 2014-03-10 22:09 | たぶんギフテッド | Comments(4)

診察   

先週心療内科の主治医N先生と私だけ面談しました。
というのも、N先生は学校には行かせる様にと以前おっしゃっておられたのですが、起立性調節障害に対する対応ではそこのあたり無理強いしたり行きなさいと言ったりしてはかえって悪化すると起立性側のM先生は言っておられるので、今後の治療方針、病気の見通しなどを聞きたかったからです。

N先生がおっしゃるには、子供の発達には他者との関わりが不可欠なのでその関わる場がなければ成長しないから、学校で友達と自分との擦り合わせや会話など出来る環境から遠ざけてはいけないと。
起立性でしんどいなら、お昼からは行けるやろ、お昼からの登校を毎日の習慣には出来るやろ。。。と言われて帰ってきました。

N先生の言う事もよくわかるのだけど、きらりを見ていると、お昼からもかなり頑張って登校しているように見えるし、習慣にするのはまだハードルが高いように思う。特に雨の日はひどいようで、夕方になっても、しんどい。横になりたい。と言ったりするし。。。

N先生はこの子は発達障害があるとは言えない、、、かなあ、、、とかなり微妙な言い方。もし発達障害(=社会性につまづきがある)が起因しての起立性だったらやっぱり学校へ行くのに背中を押して少々渋っても励まして持ち上げて登校の方向で対応するべきなのかもしれない。
でも、2次障害じゃなかったら?純粋な起立性調節障害(そんな言い方へんかな)だったら、体を治すのが一番だよね、、、002.gif

明日、起立性調節障害のM先生の診察&起立試験です。

M先生の意見をもう一度聞こう。
数値、ちょっとでもよくなってたらいいな。。。

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

にほんブログ村 病気ブログ 起立性調節障害へ

[PR]

by kirarinpart365 | 2014-03-06 23:49 | 起立性調節障害 | Comments(8)

絵本で振り返り   


三寒四温ですね。。。みなさん体調崩されたりしてないでしょうか?私は毎年着実に脂肪が増えて小太りだからか、抵抗力が増して風邪一つ引いていません。元来は弱い方なんですが。

今日はきらりの幼少期を振り返ってみようとおもいます。

きらりが1歳半〜小学校4年生まで、童話館のぶっく倶楽部から月に2冊づつ配本してもらっていました。絵本は文章も絵も素晴らしいので赤ちゃんから感性を磨いてあげたいと思ったのと、年齢に合わせて良質な絵本をえらんでくれるので長い間親子でたのしませてもらいました。
f0316097_22014734.jpg
f0316097_22041772.jpg


f0316097_22020383.jpg

f0316097_22021411.jpg
f0316097_22013532.jpg
こうして振り返るとなつかしい本ばかりで全部おすすめですけど、きらりが特に気に入っていたのは、
f0316097_21345740.jpg
f0316097_21373044.jpg
f0316097_21363375.gif
f0316097_21505888.jpg
f0316097_21533554.jpg
f0316097_22084129.jpg
いやいやきりがないのでこのへんでやめます。

保育所の連絡ノートに記入された日々の様子から

2歳。毎晩絵本を2冊読んでから寝る事にしているのですが、昨日は喉が痛く読みたくなかったので、ごめんね、今日は喉が痛いから1冊にするね。
きらり「ギャーイヤーワー!!!」
ママね、しんどいから2冊読んだら死ぬから読めないの。
きらり「ギャーうそーダメー!!!」
と大声で騒ぐのでそれを沈める事の方が死ぬほど大変なことなので、しぶしぶ2冊読みました。ちょうど2冊読み終えた所で、間髪入れず
きらり「ほらね。死ななかったでしょ。」
と言われ、脱力で一言もでませんでした。


あははは〜大変だなお母さん。でもだから今でも物語が大好きで作家になりたいと言ったりしてるのかもしれないので、いますでに、苦労も報われてるんじゃないかな〜。と自分で振り返って自分が元気になりました〜。


★ランキングに参加しています。よろしければポチっとして頂けたら、更新の励みになります★

 にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ 

  にほんブログ村 病気ブログ 起立性調節障害へ

[PR]

by kirarinpart365 | 2014-03-05 22:28 | きらりの部屋 | Comments(3)