<   2014年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

起立性調節障害の日々   

お久しぶりです003.gif
なんだかしばらく体調不良でした。どうもPM2.5の仕業だったようです021.gif


気持ちのいい季節になって体を動かしたくなる気候なんですが、きらりにとってはあまりよくないようで、起立性の症状がひどくなっています。なかなか起きられないのは勿論なのですが、午後になっても倦怠感がぬけずため息をよくついています。

そんな中、起立性の診察の日がありました。
主治医のM先生と始めにきらりと先生で最近の様子を話して頂いてその後、私と先生でお話することになっています。

きらりに先生は最近の学校のこと、気になるクラスメイトの事、家での事を自然に聞き出しておられるようで、クラスの◯◯っていう子がうるさいとか、学校が自分にとってそれほど有意義な場所ではないと思う事等、上手に聞き出されます。
今のきらりの状態では、

1、もし9時10時に起きれたとしても、学校に早く行けるねとはいわないで、起きれたとしても、なるべくゆったりと本人のペースにさせること

2、水分、塩分、日中ゴロゴロしないなどの注意点を守れているか毎日チェック票に記入する事

が注意点でした。

私からは、体育の先生からすこしづつでも授業に参加するように言われているけども、本人はしんどいというのですが?と、お聞きすると、参加したら倒れると先生に伝えて下さい、ということでした。

やっぱりな〜本当にしんどそうだもの。きらりもしんどいのだけれど、頑張らなくてはいけないのかな、と、かなりストレスになっていて5時間目が体育だと6時間目から、6時間目が体育だと放課後に登校していて、明らかに体育が登校をしぶらせていたんですよね。。。
本人にしか分からない体調ってかわいそうです。骨折など目に見えれば、堂々と見学できるのですけどね。。。

それともう1つ、進学についてですが、M先生から、高校は諦めたらどうかと提案されました。先生曰く、起立性の子は小学校時代勉強ができた子が多く、中高と勉強ができる体調ではないので成績は下がるけれど、高校の途中位から体調が戻ると成績も戻る事が多いと。そして、なんと、以前このブログでようたさんがコメントして下さったのですが、飛び級もありでは?という話しですが、飛び級で大学に入学した子がすでに実在するそうなんです!きらりが高校に行かなかった場合の目標になればいいなと思いますが、体調によるのでなかなか思い通りにはならないのでしょうけど、少なくても今の時点での励みになります。高校1年の歳に、高卒認定がとれれば、受験勉強が2年出来るし、大学に行きたいのであればそのほうが本人もストレスが少ないのではないかとおもいますしね。。。あ、同志社は飛び級制度がないみたいですけど・・・
きらりが特に高校に行きたいと思っていないので、こういう流れになりましたが、高校に行きたいと思う子達の心情は、中学の時に体育祭、文化祭、修学旅行など参加出来なかったからどうしても高校にいってそれらを友達と一緒に体験したいと思うそうで、それを聞くと胸が締め付けられるほど私も辛く思いました。きらりも早く治って欲しいですけど、高校に行きたいと思っている子達のほうが早く治ればいいなあ、と思いました。

とはいえ、きらりの病気が発症したのが小学校6年の3学期頃なので、かれこれ1年半になります。早く治って欲しいと焦る気持ちは強くなるのですが、なんとか表に出さない様に頑張っています。はあ〜いつ治るんだろ。。。

★ランキングに参加しております(;^^)よかったらポチっとして頂けたら嬉しいです★

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ にほんブログ村 病気ブログ 起立性調節障害へ
[PR]

by kirarinpart365 | 2014-05-19 17:48 | 起立性調節障害 | Comments(7)