<   2016年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

おふくろの味   

最近、ようやくきらりが外食に前向きになってくれました。
今までずーっと断られるか、いやいやついてくるかだったんですよ。
私は子供の時に家族で外食するのがとても楽しかったし、「今日は外で食べようか」と母から言われると、飛び上がって喜んでいました。

きらりがもっと小さかった時は私ももちろん今より若かったですから、週末✨っていう言葉の響きに嬉しくなり、外食したくてたまりませんでした。
ご飯を作ることは嫌いではないのですけど、外食は、後片付けもしなくていいし、楽ですよね。

なのでウキウキして「外に食べに行こうよ〜060.gif」ときらりを誘っても、必ず「いや‼︎」と即答なんですよ。パパは仕事の帰りが遅いのできらりが行かなければ、一人ですから、行く気にならないんですよね。結構粘って、(半ギレで)誘うと渋々ついてくるのですが、そんな仏頂面で来られると気分悪いじゃないですか。お金払うのも私なんだしね。013.gif

「なんで、いつも外食いかないの?」と聞くと、低学年の時は「ドラえもん観たいから。」

高学年では「だって、お母さんって人は、家族の栄養のことを考えて暖かいご飯を作るべきでしょ?だから。低学年の時から思ってたけど、どうせ怒るから言わなかった」と。ウキー💢084.gifですよ。

起立性になって自律神経のおかげでか、過食症みたいになり、ぶくぶく太ったんです。パンも一袋とかご飯もふりかけかけてとか。私やパパのものまで食べてたので太って当たり前なんですけど、体脂肪率40%になった時にさすがに、やばい、病気になってしまうと焦り、ダイエット食の宅配を頼んだんです。(そのおかげで何キロかは痩せたんですけど、やっぱり量が足りなくて、私もリバウンド状態になってやめたのですが、)そのダイエット食を頼むことも始めは猛反対でした。

「きらりが大人になった時に、たまに実家に帰ってきても、ああ懐かしい味やなあ。。ってほっこりする未来がなくなるってことやで007.gifって。

この時は、体のことを考えて必死で説得したのでなんとかダイエット食を開始できました。
私がダイエット食作ればよかったんでしょうけど、数日なら頑張れるのですが、結局自分が食べたいものを作ってしまうので、続かないんですよね。。。

今は痩せられて、Mサイズになれましたので、本当によかったです。
外食が好きになったのは、「料理に興味が出てきて、いろいろな料理が食べたくなったから」だそうです。でも15歳男子。よく食べるので、お財布が躊躇しています💦


ランキングに参加しています。よろしければ、応援してください012.gif
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by kirarinpart365 | 2016-04-13 12:47 | 思い出 | Comments(0)

スペシャルデイズ last   

3日目は、嵐山のお花見でした。

KさんとBさんと親子3組、の8人でお散歩。

集合してすぐにみぞれが降ってきてしばらく雨宿りでした。そんな時にKさんがさりげなくきらりに話しかけてくれたり、小学生の男の子がいたのですが、その子と話してみたり。ちょっとずつ距離が縮まってギクシャクせず、自然体で溶け込めたようでした。Kさんもお仕事が終わってホッとされているように拝見しました012.gif

お昼ご飯におうどんを頂き、まだ温かいものにホッとしました。
f0316097_21333066.jpg
(こう見えて温かい麺なんです。かけるお出汁も温かいものでした。)


きらりはKさんとBさんの近くに座らせていただき、正しい?大学生活をレクチャーされ楽しそうでした♫
また、青春18切符での旅🚃をおすすめされ、Kさんたちのおられる北海道までゆっくり一人旅をイメージし、とても魅力を感じたようでした。

鈍行列車で、途中民宿に泊まり泊まりしてつげ義春https://ja.wikipedia.org/wiki/つげ義春さんのように一人旅をしたいって言うんです。つげ義春さんってきらりから聞くまで知らなかったんですが漫画家で、シュールで哀愁の漂う作風のようですね。息子さんが今も引きこもりだそうでご苦労されているのでしょうか。。。きらりが憧れるのはつげ義治さんのhttps://ja.wikipedia.org/wiki/貧困旅行記で、情感溢れる地方に残る日本の原風景にフラフラ〜と訪れてみたいそうなんです。私も本を見せてもらったんですが、私が生まれるちょいと前の日本の風景に憧れ的な感情を持って、涙が出そうでしたよ。自然っていいな、日本人ってついこの前まで自然と共存してたんだなあって。。。
f0316097_21514609.jpeg
f0316097_21514038.jpeg
f0316097_21513579.jpeg
北海道までの道中にそういう体験ができたらいいなあ〜と家に帰ってからも夢を膨らましていました。

お散歩ですが、渡月橋、天龍寺、竹林の小径、常寂光院、落柿舎、二尊院、と結構歩きました。帰りはスタミナ切れでクッタクタでしたよ。情けないことに。体力つけなきゃいけないと実感しましたね042.gif
f0316097_21380650.jpg
f0316097_21351755.jpg
f0316097_21345692.jpg
f0316097_21324624.jpg
f0316097_21322211.jpg
f0316097_21320282.jpg
f0316097_21342163.jpg
Kさんは所々でさりげなく、子供達に、学校生活に馴染めなくても大したことないんだ、別に学校っていうレールに乗らなくてもいいんだよというメッセージを出していただいていました。きらりもちゃんと受け止めていて、今の自分やちょっと先の自分を肯定的に捉えられていたと思います。

先日の卒業式で、中1の時の担任から祝電が来ていました。「あなたの人生の主役はあなたです。人のために生きず自分のために生きてください」というメッセージが頭の中をKさんの言葉と共に、ぐるぐる回っていました。(この担任の先生とは仲良しなんです^^)今回出会った方や日々困難に立ち向かっている子たちの顔を思い浮かべて、みんなにこんな希望を感じてもらいたいなあと、心から思いました。。。

この日は、まだ咲き始めの嵐山でした。今頃は満開になっているのでしょうが、冷たい空気に時々温かい日差しで、膨らんだ蕾の全てがこの出会いの、はにかんだ雰囲気にとてもマッチしていると思いました。とても和やかな素敵な1日となりました。人生の大切な1ページですね。この日、ご一緒できた皆さんにハグしたいそんな思い出になりました058.gif

Kさん、Bさん、遠路はるばるありがとうございました❗️

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by kirarinpart365 | 2016-04-04 22:16 | たぶんギフテッド | Comments(4)

お知らせ   

先ほど衝撃的な事実を知りました。
私やきらりが身バレしていたようです。
バレないようにしていたつもりだったんですが(笑)

もうブログやめようかと思ったのですが、このブログを書いているには理由があって、
・まだまだ正確な認知のされていないギフテッドについて啓蒙したい。(大した力があるわけではないのですが。)
・孤立している親子と繋がりたい。
・私が見聞きしたことで少ししか発信できませんが、ギフテッドについてお知らせしたい。
んです。それに実際に勉強会などでお会いする読者の方からいつも、ブログに励まされているってありがたいお言葉を頂くんですよ。ですので、拙い、日記程度のブログなのですが続けています。


私たちに気付かれた方へ
ギフテッド=勉強ができるではないので、ご理解ください。
本人も高校に行かないという不安な中生活しています。どうかきらりには暖かく接してやってください。宜しくお願いします。不愉快な思いをさせてしまっていましたらお詫び申し上げます。申し訳ありません。

もしかして、他にも何人も私たちのことご存知の方(私が知られてることを知らない方)がおられるのかもしれませんね。。。
星の数ほどあるブログから特定されるとは思っていなかったのですが、今後は慎重に記事を書こうと思います。


にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by kirarinpart365 | 2016-04-03 14:36 | 未分類 | Comments(9)

スペシャルデイズ 2   

さて、2日目です。

東京のギフママ友が朝早くから大阪に来てくれて、神戸でお茶063.gifしました。
子供達同士もよく知っているので話しもはずみます。
あるある話で盛り上がるのが常ですね。
普段なかなか「あるある」が共有でる友達がいないので、ギフママとおしゃべりするのはとても貴重な時間です。

不思議なことに、うちの事なのか、お友達の家のことなのかわからないぐらいよく似てて、ひょっとして兄弟だったんじゃないかと錯覚するほどで、涙が出るほど笑いましたよ〜
今回彼女との話で全てのことに共感したのですが、特に印象に残っていることは、

幼い時にガラクタで遊んでいたこと❗️

100均やマクドナルドのおまけ、ガチャガチャなどなどをまとめてうちではガラクタと呼んでいました。
それらを登場人物にして、仮想空間でストーリーをもたせて熱中するんです。
時にはレースが始まって、「ママ、これかこれかのどっちが勝つと思う?」と聞いてくるのですが、ガラクタを操っているのはきらりだし、ストーリーもきらりが決めてるんだから返事するのも億劫な気持ちになるのですが、頑張って「じゃあ、こっち」と指をさすと「みといてや〜‼︎」と異常に盛り上がりながらヒューン、バーン、と効果音と実況を入れながら臨場感のあるレースを展開させて、私が勝つといった方を負けさせるんです。で、「ママの応援してた方が負けたで。どう思う?ショック?」などと私の気持ちを弄ぶかのように悪い顔で聞いてきます。私が「そうね。」というと、またまた臨場感あふれるレースが始まり、今度は私の応援していた方が勝つんです。で、「ママ勝ったで❗️よかったね。嬉しい?」とまた私の顔を覗き込んできます。正直うんざりしていた遊びだったんですよ。それがなんと、彼女の息子さんも全く同じ遊びをしていたと聞いて(ガラクタまでも同じ)大笑いでした。
彼らはストーリーだけではなくガラクタたちを観客にして自分も一緒にテレビや映画を見たり。会議をしたり。長時間没頭するんですよね。

先日のブログにも書いたところだったのですが
宿題が嫌で2時間以上泣き叫び、全身でゴネ続ける

いや〜このことも彼女の子供さんも全く同じで、泣き叫ばられる苦痛を共有できて嬉しかったですね。
そんなに騒いだ割には10分15分で宿題おわれるんですよね。それだけの時間と体力を消耗させるより早くやってしまえば好きなことに使える時間がたっぷりできるのに、どうしてこうなるのか、理解に苦しみます。確かに嫌な作業なんでしょうけど、それにしてもね〜
泣き声が外にも聞こえているでしょうから、近所から虐待を疑われるんじゃないかとハラハラしましたよ💦

その他にもお友達と遊びが合わない(お友達がルールを理解できないなど)とか、担任や大人に対して観察が鋭くよく見ていて人の本質を見抜いているよね〜とか、そんなこんなであっという間にKさんの勉強会の時間になりました。(勉強会の内容はまた別の記事にしようと思います。紹介していいのかな?)


勉強会の後は楽しみにしていたオフ会
ここでも同じテーブルになったママたちとあるある話に花が咲きました。
年齢性別学年が違うのですがどの方の日常のお話も安易に理解できそうそう❗️そうなんだよね〜とまたまた共感の嵐。
全員激しく同意したことは、言うこと聞かないよねってこと😅他人の子が素直に「はい」と言っているのを見てかなりの衝撃を受けたと、子供って「はい」っていうんやね〜〜って003.gif

また、勉強しながら話があっち飛びこっち飛びしてほとんど静かに机に向かうことってなかったり、豆知識を教えてくれたりなんかも、みんなよく似ていて、本当に面白かったです。

こんなによく似ていると、各々の個性というよりカテゴライズできちゃうし、共通の認識としてギフテッドとかの名前があるといいなあと思います。
もちろんそれぞれなんだけど、
個性で片付けられると、できない(やらない)、わかってくれない、わがままな子、としか理解してもらえなくて、親が甘やかしているという偏見につながると思うのですよね。。。


まずは小さくても安心できるコミュニティが必要だろうなあと実感しました。



にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by kirarinpart365 | 2016-04-02 15:09 | たぶんギフテッド | Comments(0)