<   2016年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

睡眠外来   

こんにちは
ブログなかなか書けないんです。日本国内のことでしかも結構身バレしてるのであまり何でもかんでも書けなくなっています。
その上きらりが家にずっといるので-----050.gifこれが一番、パソコンに静かに座って一人の時間を持てない要因ですね008.gif

今年16歳になったのですが、今でも毎日何かしらの創作活動をしていまして、、アプリを使って作曲とか(サカモト教授みたいです。本人は違う‼️と嫌がりますが)映画のプロット(脚本ではなくストーリーを映画監督が書くものなのかな?)や、CDジャケットを書くことなどに一生懸命に成っています。おとなしく没頭していてくれると助かるのですが、作品を持ってきては「これどう?僕はこういう意図で書いたんやけど、、うんぬんカンヌン、、うんぬんカンヌン、、」(~_~;)静寂はありません。。やっぱりたまらず、もう黙って‼️と声を荒げてしまい、微妙な空気が漂うという繰り返しで。。

そんな毎日なので(毎日ですよ〜💦)パソコンに向かうことは無理なんです。

書きたいことは結構あるんですけどね。



そんな中、最近新しく睡眠外来に通い始めました。

起立性調節障害と診断されて3年半経ちました。当初よりは多少症状がマシになっているようですが、朝はどうしても起きられません。このままでは大学受験も心配です。
以前の医師は、大学受験の頃には大概良くなっているのでほとんどの子が大学に入っています。とおっしゃっていましたが、本当に改善されるのか?もう中学のように寝てる間に卒業してしまったというような時間の使い方をして欲しくない。そのような気持ちで新しい病院へ行くことになりました。

今度の先生は発達障害にも詳しく、協調性運動が上手くいかない子たちの啓蒙活動もされています。確か「不器用な脳の子供たち」というシンポもされていて、きらりにぴったりなのでは。と思いました。

初めての診察の日、初め私だけが診察室で先生とお話ししました。
生まれてすぐから全然寝ない子でした〜と始まり、当時の身体的な苦痛を思い出し、半泣きになりましたよ。
先生は淡々と質問を続けられ、首が座ったのは?寝返りしたのは?立ったのは?発語は何歳?今までの薬歴は?などなど、、

私ね、母子手帳にも細かく書き記すタイプではないのですよ〜(>人<;)そんな昔のこと忘れましたから。

きらりが赤ちゃんの頃に、この子は16歳になっても成長過程を聞かれるようになるとわかっていたら、私だって細かく書き残していたと思いますが、まさか普通の子供だとしか思っていなかったので、ちゃんと書いてなかったんですよね💦
(予防接種も全て終わらせたのは実は今年です。。。きらりが予防接種終了記念に乾杯してくれて、私の労をねぎらってくれましたが。。複雑な気持ちになりました042.gif

そんな質問の中で、
今までに取った発達検査などの書類はありますか?と聞かれて、あ、ROCKETの仲邑教授に渡すつもりで、かかりつけの言語聴覚士がすごく丁寧なレポートを作ってくれたんですが、仲邑教授が、僕は数値は見ないから!の一言で渡せなかったものがあるって言ったんです。
そしたら、睡眠の医師が反応して、あの東大の?仲邑先生?とここで初めて私の目を見て話してくれました😅

その後すぐにきらりを診察室に呼んで、第一声が、「ROCKETどう思う?」って💦
きらりも唐突に聞かれ、面食らったようですが、ちょっとトーンを落として、「お金の匂いしかしませんでしたね。048.gifと、、

一瞬の沈黙から、先生の大爆笑003.gif「子供にもわかっちゃうんだな〜」
って。笑

なんだかそれで一気に先生との距離が近くなり、それからは私たちの顔を見ながら優しくお話ししてくれました〜

睡眠については、メラトニンのサプリを飲まずに自己管理で頑張ってみよう。何時に寝て、何時に起きたかのグラフを毎日つけるという宿題をもらって一回目の診察は終わりました。


ROCKETについては私も先生も良い面よくない面があるけど、発達凸凹の子供たちの才能を発掘するという新しい角度で切り出していることには日本の教育業界の認識を変えることになり、それなりに意義があることをしていると思う意見は一致しています。


病院を出てすぐにきらりが、「あ〜良かった。入院しなあかんって言われると思ってた。家に帰れてほんまに良かったわ」って。。

ものすごい覚悟で病院に挑んでたんだなと、私がびっくりしましたよ〜笑



にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by kirarinpart365 | 2016-12-28 17:45 | 起立性調節障害