タグ:中3 ( 13 ) タグの人気記事   

卒業しました   

先週、とうとう中学を卒業しました。

前日の卒業式の予行にきらりは久しぶりに学校へ行きました。
結構ドキドキだったと思います。自分の席はあるのか。クラスの子たちは覚えていてくれてるのか。、、、なんせ、6月の修学旅行以来ですからね〜


久しぶりに制服を着たきらりを見送りました。あまり着なかった制服。多分とっても綺麗。去年、大きいサイズの制服を卒業したお友達からいただいたのですけど、テカテカになってましたもん。
きらりは「修学旅行から卒業式まで一気にタイムトリップしたみたいやわ。」と言って登校していきました。
その背中を本当に複雑な気持ちで見送ったんですよね。終わり良ければすべて良しとか、みんなと一緒に卒業とかの学校の押し付けがましい圧力に今更腹が立つわけではなく、むなしいと言う言葉が一番フィットするのかな。そんな気持ちでした。

6日の日曜日に公立の通信制高校の面接の後、きらりは担任に呼ばれて学校へ行っていました。卒業文集5年後の自分へ両親への手紙を書くためでした。

そのうち両親への手紙が卒業式の日に郵便で送られてきました。
両親ではなくて私にでした012.gifこういう時、母親って子供にとって父親より大きな存在なんだなあと実感して嬉しいですよね〜037.gif


きらりからの手紙をご紹介しようと思います。

小6の時、なんだか実態の知れない病になって、中学校では毎日登校するのが難しいと診断されました。あの頃からお母さんは、どうしようもいかなくなった僕を支えてきてくれました。毎朝、僕を起こすことがたまらなくストレスで日々、見守っていくわだかまりをこらえるのに必死だったと思います。
でも僕は朝起きられないことに危機感が持てず、そのことよりも、頭が働かないだとか、様々なものに嫌だとか言って言い訳け半分に嘆いてばかりでした。奈良で今までの行いが間違いだったことに気づいて、お母さんの苦労が伝わってきました。
卒業することになって、中学生時代は終わろうとしています。これから高校生として僕一人でもなんとかやっていけるように勉強を頑張っていきます。
実状が理解できた今、もう過去を悔いることはしません。達成すべき目標へ前進していくのみです。一人歩きしていく子供を見守ってください。
本当に感謝しています。ありがとう。

「はい、書いてね」と言われて突然与えられた課題に、とっさに書くには重たい内容だっただろうと思います。でもその方が良かったかな。じっくり考えたら書けなかったかも。

確かにこの3年、きらりの起立性に悩まされ心配もしましたが、きらりの言い分に楽しませてもらったり、成長を間近で見られてとても嬉しかったです。
どういう状況でも子供って希望だなと感じた日々でした。

前回の記事でも書きましたが、奈良の相当変わった先生を通して、自分を見つめ、前進しようとしているきらりに、私こそありがとうを贈りたいです。

奈良の前にFPでの成長があったからこそ、この困難にも立ち向かえていることは言うまでもないんですよね〜



にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by kirarinpart365 | 2016-03-16 19:59 | 学校 | Comments(0)

公立の通信制高校   

N高等学校の説明会の3日後公立の通信制高校の説明会に行ってきました。
私が住んでいる兵庫県は広いので、県立の通信制高校まで高速に乗って片道2時間もかけて行ってきたんですよ〜042.gif高速代も往復5000円かかったし(-。-;
田舎にあるからか、広い駐車場があり生徒も免許を持っていれば車でのスクーリングもOKらしいです。

協力校というのが地元にあるので、実際のスクーリングは本校に来なくても協力校でいいそうなのですが、文化祭、体育祭、入学式などには本校へ行かなくてはいけないそうです。(これらの出席も単位取得に必要)
この学校に籍を置くとすると、多分1日たりとも行くことはないので、(学生という身分を保障するためだけ)説明会に行くことも迷ったんですが、担任が「入学テストは本校でになりますから、下見のためにも行った方がいいですよ❗️」というので仕方なく出掛けたのに、受験は地元の協力校で受けれるらしいんですよ。その上、テストはなく、面接のみだそうで。学校の先生が知らないなんて、私が中学時代の先生では有りえなかったと思いますね〜048.gif

高校卒業認定を取得するには、
3年間在籍していること
74単位取れていること
30時間以上の行事、スクーリングに出席していること
が条件だそうです。これは多分、公立でも私立でも同じなんでしょうけどね。

スクーリングでは体育と英語の授業数が多いとのこと。月に3回は登校しないといけないそうです。
教科書に沿って課題が出されてレポートにして提出するのですが、電話、メール、FAXで質問はいくらでもしてくださいね。この学校はやる気のある子のことはしっかりサポートしますからって。何度もおっしゃっていました、計画と継続が重要❗️と。
2011年度の入学者数297人でこの学年次の卒業者数は85人。卒業率28.9%途中退学した人は167人にもなるそうです。

スクーリングでは実技実習もあるそうなんですが、内容は、、、キャラ弁作り、飲茶作り、お箸で豆を移す競争?、ヨガなど。。。うーん、それで登校意欲になるのか、かなり疑問が💧
この辺りの話を聞いていると、どうも引きこもりの子をなんとか家から出てもらい社会復帰できるような支援も含まれているような感じがしました。

実際、家庭環境、体調などで弱ってる子も多いそうで、元気になって勉強をして欲しい。勉強をすることを通じて自信をつけて欲しい。8年かかってもいいから!と最後は熱く語られていました。
マレに予備校と並行している子もいるそうですが、いろいろな事情で勉強が出来ない子のセーフティーネットになっているように思います。

体調が悪い子もいると聞いて、個別相談するつもりはなかったのですが、相談に行きました。というのもきらり、やっぱり起立性調節障害が治ったわけではなくここ数日、調子悪いんですよね。。。

お聞きすると、やっぱり起立性の子供も来ているそうで、その子も頑張って単位取ってますよと。でもきらりは家から2時間かかるので、朝一からは来れないんですと言ってみましたが、そうですねえ、でもどうしようもないですねえって(唖然)体調悪いなら3年で卒業目指さなくていいじゃないですか?って意味でしょうね。。スカイプでつないで出席扱い出来るようになったらいいですね〜って言ってみたら、公立ですからね、無理ですね。って。。💧

うーん、やっぱり公立だな。残念だわ〜と思いながらまた2時間かけて帰ってきましたよ。
公立って変えないことをポリシーにしてるんでしょうね、時代は関係ない。決まってるからと。やっぱり在籍だけで良さそうです。


きらりは結局自分で説明会には出ませんでしたが私の話を聞いて「N高等学校でいいわ」って。でいいわですって!(◎_◎;)奈良の塾で勉強するから、N校はクラブ活動的に、、、って。まあ、公立より可能性を感じるので母もN校に賛成なんですけどね027.gif


ご訪問ありがとうございます。ポチリと応援していただけると励みになります012.gif

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by kirarinpart365 | 2015-12-06 15:37 | 学校 | Comments(0)

N高等学校説明会   

先日、「N高等学校」の説明会に行ってきました。

まず、
学校法人角川ドワンゴ学園理事長
カドカワ株式会社代表取締役
佐藤辰男 さん
のお話し。
 情報技術の発達で、この20年で働き方は劇的に変化したのですけど、学校の教育スタイルは60年変わっていません。
社会では新しい社会システムを創造していく人材が求められています。企業側の視点で社会に求められる人材を育成していきたい。

次に
学校法人角川ドワンゴ学園評議委員
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授
カドカワ株式会社取締役
夏野剛 さん
 インターネットの登場によって、
・効率の革命
・検索の革命
・ソーシャルの革命
が起こり、私たち親の世代では経験したことのない速さで情報を入手できます。なので巷に俄か専門家が溢れています。その人たちはなかなか専門知識がすごいです。そう言った個人能力の最大化が時代に必要とされています。
そのためには、苦手なことを取り組むよりも、得意を伸ばす。
暗記や単純計算はもういらないんす。電卓に任せればいい。
新しいことに興味を持てる力、好きなことを見つけられる能力が必要。得意を見つけるチャンスを提供するのが学校。
もうすでに見つけている人はそれに突き進んで欲しい。----突き抜けられた人が成功者になる。
次世代の子たちに何を与えられるかが大人の役割なんです。

最後に
N高等学校校長
奥平博一 さん

100人が高校に入学したとして、そのうち大学を卒業するのは45人。大学卒業後就職するのは28人。大学院へ進むのが8人。28人の就職者のうち3年以内に退職するのが8人。
そういう統計があります。
自分の特性、個性と向き合い、自分の好きなことを仕事にして欲しい。高校生活は、自分のやりたいことを探す3年間にして、様々なことに挑戦して欲しい。
通信制ということで、コミニュケーション力がつかないのではないかと心配する人がいますが、ネットを通じてでコミニュケーションはしていきます。スクーリングや職業体験などでネットからリアルなコミニュケーションになることもあるでしょう。でも小中学校でリアルなコミニュケーションはしてきたでしょうから、未来に向けたコミニュケーションを目指していいのではないか。
この学校の目標は、皆さんが社会的に「自律」できる人になってもらうことです。「自分は自分以外の誰でもない」という自信が社会で自分の「居場所」を見つけられることにつながるのです。面白そうだと思うこと、好きなことを思いっきりやって、得意を見つけてください。高校時代は道に迷っていいんです。N高校で大いに迷ってください。一緒にあなたの道を見つけていきましょう。



こうして文字に起こして振り返ると、すごくいいこと言ってますね〜‼️
当日は私一人で参加したのですが(きらりはあまり乗り気じゃなかった002.gif)周囲の親子が気になったり、夏野さんが従来の教育を批判しながら「ディスる」を連発することが気になったりしていましたので(笑)
パパなんてそんな海のものとも山のものともわからんような学校013.gifってもろに顔に書いていましたからね〜015.gif

N高校では普通の課題以外に課外授業も選べて(詳しくはHPをみてくださいね)私はきらりに、文芸小説創作授業や地方自治体と連携した職業体験がとってもいいなあ〜と思っています。
きらり本人は、大学の講義1200本以上が無料で見れることがいいと思っているようです。



ランキングに参加しています。ポチッと応援していただけると嬉しいです016.gif  
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by kirarinpart365 | 2015-12-06 13:03 | 学校 | Comments(0)

別れたつもりだったのに(笑)   

11月7日のことですが、ギフィテッドの研究をされているH高さんが大阪に来られたので、ひっそりとオフ会をしました。その会はとってもあったかくなかなか日頃の子育てについて話の出来ない私にとっては至極の時✨でした。
その時のことはまた別の記事にしようと思います。

その時にH高さんに「担任やスクールカウンセラーがやたらと会いたがるんですけど、きらりにとっては今の自分の勉強に没頭したいから会いに行けないんですよね」と話したところ「学校って、何か問題があったら責任を問われるし、安否確認のためにも会う必要があるんですよ」とお答えいただいたんですよ。
なるほど、そう言われてみればそうかもしれないなと思いました。
ここで私が大きく勘違いしてしまったのですが、担任はきらりを心配してくれてるんだと思い込んでしまったんですよ。

で、きらりが奈良から歯科矯正の通院のために帰ってきた時に夜の7時半だったのですが、担任に連絡を取り駅にきらりを迎えに行った帰りに直接学校へ寄りました。
そこで担任と久しぶりの対面となったのです。
まあ確かにそこで担任からきらりへ「久しぶりですね、頑張ってるって聞いてるよ」など言っていただいたのですが、私が思ってた(勝手に)よりかはかなり、クールな対応で次の週が3者懇談で、きらりがいないので私と2者懇談の予定だったのですが、「じゃあお母さん、今日お会いしましたから、来週はなしでいいですよね?」と言われた時はびっくりしました。
全く近況も話していなかったのでその懇談の時に色々聞きたいと思ってくれてると思っていましたので。

結局はプリントを渡したかっただけ?と疑問を持ったのでした。

その後、以前からきらりの様子を見たいから奈良の塾へ見学と先生とお話ししたいと言っていただいていたので、奈良の先生にお願いしてお時間作っていただきお会いしていただきました。
私は同席あえてしませんでした。私がいない方が教育者どうしで話しやすいだろうと思ったからです。
その日に担任からは詳しくの報告はありませんでした。奈良の先生からは「あれは、義務的に来ただけですね。たいした理想も持っていないようですね」とご報告を受けました。

なんだかガックリですね〜。
私はどこかで担任からきらりのことを心配して欲しいと思っていたんだな、と気づきました。
いつまでもとらわれているのは私なんですね。さよならしたつもりだったのに。。。
学校には本当に振り回されてはいけないです。。。



にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by kirarinpart365 | 2015-11-24 21:46 | 学校 | Comments(0)

高校どうする?   

お久しぶりです(^◇^;)

今日は勤労感謝の日ですね。私も会社員。昨晩、自分に感謝して飲みに行ってきました006.gif
獺祭という日本酒を初めて飲んだんですけど、美味しかったです。きらりが家に帰らず頑張っている時にちょっと後ろめたくも感じたのですが、まあたまにはね〜

きらりですが今も奈良の塾に泊まり込んでいます。3日に1度は孤独感と自分のダメさに落ち込むと言っていて、母としては辛いのですが、可愛い子には旅をさせろという通り、試練が人を成長させるんだということを実感する日々です。
きらりの特性的に思考は得意なのですが、暗記は全くダメなんで、受験勉強という暗記の多い勉強は苦労するんですよね。その上、起立性で3年間ほぼ寝ていたので中学の3年分の遅れと、小学生のレベルまでも遡ってやり直ししていて、本人はしんどいだろうなあと思います。頭もだいぶん錆び付いているようだし008.gif9月から始めて、今なんとか中2ぐらいまで進んでいるようですが、勉強は手伝ってあげることもできず、自宅からエールを送るばっかりです。

そんなきらりは内申点がゼロですので公立高校は多分入れないですし、私学と言っても自分が納得する学校に今からの勉強では追いつかないだろうから、やっぱり通信制高校に入れてもらうことになりそうです。
奈良の先生から公立の通信制に在籍して、勉強は塾ですればいいと言われていて、それがきらりの夢にも近づける方法だと思うのでそうするつもりでいます。
ただ、私が心配なのは、友達ができないということです。それで、公立の通信制高校だけでなく他の選択肢もないかと思ってネットを眺めていると、N高校という高校がオープンするらしいので早速説明会に申し込みました。
角川の運営で、小説家の授業もあるみたいなので、きらりと気の合いそうな子もいるんじゃないかなあと思っているので、説明会に参加するのを楽しみにしています。
N高校の説明会の後に公立の通信制高校の説明会があります。日程的に近く再来週は学校について真剣に考える期間になりそうです。肝心の本人が帰宅しないと話し合えませんが。
きらりは友達ができないことをそれほど気にしていないようで、ただただ自分の遅れを克服したい気持ちで、友達のことを心配するまで気持ちがいかないと言っていました。

勉強が落ち着くのは大学入試まで続くでしょうから、精神的に自分を追い込まず何とか目標大学に入れるといいのですけどねえ。。。




にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]

by kirarinpart365 | 2015-11-22 14:13 | 学校 | Comments(0)

教師っての続き   

以前に書きました学校の先生に対しての続きなのですが、、、

結局、きらりに対してなんの工夫も働きかけもないのに評価だけはするという学校の姿勢に腹が立って担任にクレームをつけた訳です。(私としては当たり前の意見なんですけど)
どうせ学校がきらりに対してなにかしますと言ってきたとしても、もはやきらりの時間に学校はなく、学校に行くぐらいなら奈良に行くと言い切っています。なのでそこらへん、私がきらりの足を引っ張る訳には行かないのですが、ついね、あの時は言っちゃったんですよね。

その内容に対して学校内で協議を2回程されたそうで、学校側からの提案を話したいからと言われ行ってきました。

それがですよ、始まる前に、「時間は30分しかとれません」と宣戦布告ですよ💢そっちが呼び出しといてですよ?
まあそれでも私から仕掛けたことは否めませんから、そんなことには抗議しませんでしたよ。
担任と学年主任と私の3人でした。

始まってから学年主任が喋る!喋る!!喋る!!!
私は、きらりのおかげでいろいろな人と話してきましたから、多少心臓も強くなったようで、以前なら心臓バクバクで声も震えたのでしょうが、とりあえず冷静に聞く事が出来ました。

なので30分と時間を区切って一方的に喋るのは、モンスターペアレンツに対しての常套手段なのでしょうねと聞きながら思っていましたよ。

でもね、私は例えばテストのさせかた一つで、きらりは自分を受入れられているのか先生の都合でテストを受けさせられているのか分かってしまうから、少しでもきらりの事を理解してるとか受入れたいのだけど、立場や規定の上出来ないんだよって言ってくれるだけで受け取り方と今後の登校も変わると言いたかったのですが、どうしてか、わたしが評価にいちゃもんをつけてると思うようなんですよ。(まあ納得はしてないのですけど。)で、起立性だから(治ったとは言えませんでした)朝からテストが受けられないのはしかたないので、テストの時間が5時間目までなら5時間目までの時間内に受けたものは100%評価します。(早く終わらせて何教科でも受けれるだけうければいい)
でもその後に登校した場合、
「例えば6時間目からテストをうけるならば、きらりのために別のテストを作成しなければいけないんですよ?平等公正を保つ為に。一つのテストを作るのに1週間ではきかないんです、それを余分に作れという事は、私が部下にサービス残業をしろと指示しなければいけないんです。お母さん、社会人としてどう思いますか?」とか、「遅れてテストを受けるのならば終了時間もおそくなりますよね?今でも昼休みもなく働いている私たちにもっと働けというのですか?」って睨みながら言うんですよ〜

私はできるだけ黙って聞いていました。相手の主張をしっかり聞きたいと思ったからです。それでもちょっとは口を出さないと話が続かないので矛盾している事は言いました。例えば、「このような対応はインフルエンザや骨折の子も同様ですと言うので(前から同じ事何回いうねんって言う程の繰り返しです)起立性の場合事前に来れない事はわかっているし突発的な事情と同じ対応はおかしいと思う」と言うと、「じゃあ、その話はもういいです」って言って違う話をしだすんですよ。

先生が話している事が私が問題としている論点とずれているから、そうじゃなくてとか言うと、「お母さん、私が話しているんですよ。最後まで聞いて下さいよ。」と強い口調で言ってきます。

そんな感じで、突如、「時間です。また来週話し合いましょう」って終わったんですよ。
平等公正という話が出たので
「背の低い子を一番後ろに座らせて板書させるのですか?高い椅子に座らせる事が平等でしょう?」というと、「人それぞれ背の高さは違いますから私どもにその子にあったオーダーメイドの椅子を用意しろというのですか?手が回る分けないじゃないですか!」って082.gif

今の問題はきらりが病気とはいえ不登校になっている事、受けなくては行けない勉強が受けられていない事が問題なんですよ。先生側は、どうしたらすこしでもきらりに登校意欲を持たせられるかを検討するのが本来、するべきことだと思うのですよ。
もはや高校進学の道が本人の納得いく道にならなくなっているので、学校にしばられず、自分の将来に向き合ったからこそ、奈良の塾に泊まり込んでいる訳ですが、1年や2年から耳を傾けてくれていれば、復学して地元の高校に行くという選択もあったかもしれません。

そしてこの対応。。。あきれ果てます。子供の将来を真剣に考えるならこんな対応ではないでしょう。

別れ際、担任がこの日初めて言った言葉になったのですが、
「1学期に行った修学旅行の新聞を完成させなくてはいけなくて、きらりくんにも感想を書いてもらいたいんですよ。始業式に来てもらってその場で書いてもらえれば間に合うのですけど。」って、そんなもんどうでもいいやろ〜〜と爆発しそうでした015.gif


その次の日に初めて奈良にいるきらりから電話がありこの話をしたら「授業もなんか知らんけど新聞とやらも適当に断っといて。そんな時間あったらこっちで必死に勉強したいから」と。。。

あーやっぱり。。。いらん労力を自らかってでてしまったんだよね。次回の話し合いは断ろうかな。。でも納得いかないから教育委員会に話に行こうかな。教育委員会に言った所で何も変わらないし相手は庇い合うだけだってわかっちゃいるんだけどな〜(ブツブツ)

それにしてもやっぱり腑に落ちません077.gif


またまた愚痴っぽいですが日々葛藤している私を応援してくださーい010.gif
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]

by kirarinpart365 | 2015-08-24 20:48 | 学校 | Comments(2)

自己肯定感で起立性調節障がい克服?   

昨日の続きです

自己肯定感というのは、自己理解と、他者との共感があって生まれるものだそうです。
FPでは安心して自分を出せるし他の子が何を言っても肯定的に受け止められる仲間ができているようです。それは日本のメンバーだけでなくアメリカで会ったメンバーも同じように受入れてこられているからすっと馴染めるようです。
そのハードルはみんな超えてきているので、共通の活動を一緒にできるんだろうな〜と解釈しています。

アメリカのプログラムではFBIをもじってFPIという警察ごっこ(きらりの言葉)を通して仲間と協力して事件を解決し、その過程で上記のような自己理解を深め他者を認めたり、自分の限界からはみ出す冒険をしてきたようです。
実際、警察の公的な所にも入れてもらって、捜査の仕方等も体験出来たようで、貴重な体験も出来ました〜

その後はヨセミテ国立公園や本栖湖でもキャンプをし、さらに自分の目標も持てたそうです。そこらへんは先生からの話だけできらりからきけていないのですが、、、

めちゃくちゃインドア派のきらりなのにいまやキャンパーだと自称していますよ〜笑

そんなこんな?でなんと、起立性調節障がいが完治したそうなんですよ!!!

びっくりです!毎日朝6時頃には起きて、活動していたと。。。

FPの先生が、「きらりは意義と意味があると思える事には起きれるし動けます」と断言されていた事がわかりましたよ。。。学校に意味も意義も見いだせなかったということですね。。。
誰でもしないといけないとか、みんながそうしてるからとか、慣例だからとかでは納得出来ないのですよ。自分がどうしたいかどう動けるかしかないんですよね。
何となく知識としては分かっていましたが、こんなにあからさまに違うと、これはもう普通の感覚が通用しないんだなと思いました。
え?今更っておもいました?(笑)

奈良の塾のH先生までも、「きらりはもともとそんな病気になっていませんでしたからね」って言うんですよ。でも、専門外来で診断されたんですよ?血圧や脈拍は?

なにはともあれ、私としては、起立性が治ったとの事が、心底万々歳です053.gif053.gif053.gif

帰宅してから1日は友達と遊び、1日は京都マンガミュージアムへ一緒に来て欲しい、行き方を覚えてこれから1人で行くからと言うのでつき合いました。
その次の日から、なんと、勉強したいからと奈良の塾へ行ってしまいました。それから1週間。本人からの連絡はありません。

はてさて、本当に勉強しているのか?にわかには信じられませんが、どうやら親離れしてしまったのではないかと思います。
私の母の意見では、もともと精神年齢が高かった訳だし、親離れしたかったんだろうけど、起立性だったから離れられなかったんだろうね。だから治ったと本人が言ってるように治ったから親離れしたのよ、おめでとう。と。。。

え〜突然離れられるとすごく寂しいのですよ〜私の心の準備ができていないんですよ〜007.gif


子離れを頑張らないとと戸惑っている私を応援していただけると嬉しいデス016.gif
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]

by kirarinpart365 | 2015-08-20 22:26 | たぶんギフテッド | Comments(2)

アメリカで得たもの   

えーっと、きらりは7月末に帰国して自宅には帰らずに、引き続き本栖湖でのキャンプに参加して7日に帰宅しました。
すっごく充実して満足したアメリカから本栖湖だったようです。
行きの飛行機の中では隣の席のご婦人と仲良くなりずっとおしゃべりしていて、サンフランシスコのおすすめ観光地を僕の先生に聞いてあげるからとサンフランシスコに着いてからも一緒に移動していたのだけど、きらりはアテンドをつけていたため、ご婦人と離れてしまって、FPの先生に観光地を教えてもらえなかってんと。最後、さようならとかグッドラックとか言えなかった事は残念ですけど、なんとも微笑ましいスタートだったようです。

アメリカでのホストファミリーもとっても親切で、きらりを歓迎したいからきらりの好きな食べ物を教えて欲しいとメールを頂いたりとても安心して私は過ごす事ができました。

10歳の男の子へのお土産は例の手塚治虫のマンガで、(日本語と英語で書かれたもの)手渡したら、抱きついて喜んでくれたと。 fondue restaurant っていうおいしそうなレストランに連れて行ってもらってました。

2軒目のお宅では、犬を2匹飼っていたそうなんですが、JACKという名前の犬がきらりと遊ぼうとちょっかいをかけてきて、なんときらりの睡眠導入剤をくわえて逃げたらしいんです。起立性だから医師から処方してもらったものです。
そこで思いっきり日本語で「このバカ犬〜!」と追いかけたら家族が集まっているリビングに逃げ込んだそうなんです。で、きらりはあせってなんとか伝えようと、「ドッグ イート サプリメント!」と言ったそうで、サプリなら大丈夫とホストファミリーもニコニコしていたらしいのですが、でも薬のアルミのシートが飲み込んだりしたら危ないからとがんばって伝えたら、お父さんがなんとかJACKの口から取り出してくれたそうなんですが、中身の薬はJACKが飲み込んでしまったそうなんです。(ここまできいて冷や汗が出ましたよ〜💦)
その後ご飯を食べたり雑談したりしていたのだけどJACKはずっと寝ていたらしく、家族の誰もおかしいと気づかなかったけどその後のJACKの様子を見ていたら、ご飯の時も雑談の時も賑やかにしていたからやっぱりこの時は薬が効いていたんやろうなあって懐かしそうに遠い目で話してくれて、数秒後に大笑いしました003.gif
もちろんJACKが無事だったから笑えたのですがそのシーンを想像したら面白くて、、、ごめんねJACK。

ホストファミリーはみんな親切で、子供たちはギフテッドで、すごく居心地がよかったようです。

ただ、私が持たせたお土産のなかにパウチの梅酒が2家庭分(2個)あったのですが、それがバックパックの底にあってとりだすのが面倒だからと、持って帰ってきたんですよ💢720mlが2つ。さぞかし重たかったでしょうと031.gif

最終帰宅した時点でICOCAと予備で持たせた1万円と私たち家族に買ってくれたお土産をなくし、とっても残念でした。ICOCAに至っては、FPの先生がしょっちゅうSuicaを失くしているらしいし、こんなにハードスケジュールだったのだから何か失くしても当然だと言い放ち、全く腹が立ちましたよ。

そうそう言い訳と言えば、今回のアメリカへはマンガを持参する事は禁止になっていたのに、なんと8冊も持って行ったんですよ。それだけでどんだけ重たいねんってとこなんですけど、FPの先生が空港できらりがマンガを持ってきてる事をご存知で(ママ友経由でもれたかな〜?笑)没収すると言った所、「先生とは人生に置いて長いおつきあいになると思いますので、1度くらい反抗しとこうかなと思って  えへへ。」と言ったそうで、きらりらしいいい訳をしていたようです。悪びれないところがいいところなのか。。。044.gif

失くしものもありましたが得たものはとっても大きい自己肯定感でした!!!


読んで頂いてありがとうございます。こんなに更新していないのにお願いするのもきが引けるのですが・・・ランキングに参加しています。ポチッと応援して頂ければ光栄です〜012.gif

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]

by kirarinpart365 | 2015-08-19 20:16 | たぶんギフテッド | Comments(4)

教師って子供を見ているのか?   

夏休み真っ只中ですね。暑くて息も苦しいぐらいですが、ビールがすすんでやっぱりやせる事は無理なようです。。。

そんな日々の中、昨日担任から電話がありました。

7月21日でした。きらりがアメリカへ旅立ってからの後に終業式があったため、私が通知表を受け取りに行ったんです。
中身はオール1。そりゃあ仕方ないかなと思ったんです。始めは。学校行ってないし、テストも受けてないしね。
ただ担任からの所見にブチッとブッチときたんですよ〜〜〜💢

「3年生になってからは、学校を思う気持ちが少しずつ前向きになってきました。修学旅行で体験や班活動に参加する事で、友人とのつながりの大切さに気付けるようになってきました。夏休み中のアメリカでの生活体験が、次へのステップを踏み出す大きな力になることを願っています。」

なんなんだ!この上から目線ととんちんかんな解釈は!
担任は今年異動して来たから2年のきらりのことはわからないはずです。いろいろありましたが前の担任が校長や教頭にきらりについての報告はしていても相談はしていないんですよ。教頭は異動しましたしね。
だから、「3年になってからすこしずつ学校を思う気持ち」になっていませんし、修学旅行も荘子のおかげで自分の気持ちに折り合いをつけて、いろいろ意見があるところを飲み込んで行ったんですよ。「友人との繋がりの大切さ」はわかっているから、部活には参加したし、週末は友人と遊んで来た訳ですよ。遊ぶ内容だって、友人が喜ぶような事を提案したりサプライズを用意したり。そんなことは小学校の時からやってますからいまさら友人の大切さに気付いたんじゃないのですよ。
第一夏休み中のアメリカでの生活はなにも学校から提案されたわけでも担任の紹介でもないんですよ。私たち親子で紆余曲折しながら手探りで見つけて来たもので、担任から「願われる」筋合いはないのですよーーー💢(気持ちが落ち着いたから記事にしたつもりだったのですがかなりメラメラしちゃってます💦)

兎に角私は珍しく(?)かなり頭に来てしまいました。
で、オール1についても

今まで補習らしい補習もなく、家庭教師をつけて欲しいと入学当初に学年主任に言われて以来、ほとんどフォローがない状態。全く勉強が積み上がっていないことは、病気だから遠慮してきましたが、元来病気の子にはそれなりの対応をしてもらわなくてはいけないのではないかと思っていたんです。

担任「どのように補習させてもらったらいいのですか?」
私「交換日記のようでもいいでしょうしスカイプでもいいのではないですか?」
担任「そんなこと無理ですよね〜(呆れた様子で)」
私「私が提案したことなだけですから、そちらで検討してから提案していただければいいのではないでしょうか?」
担任「わかりました、こちらとして出来る事、出来ない事をまとめてお母さんにお話させてもらいますね」


ってそこでもう堪忍袋の尾がキレたんですよ。
私「小学校からの申し送りからきらりは登校出来ない事はわかっていたはずです。その上3年生になるまでこちらが権利を主張する事は先生方の負担になるだろうと我慢してきましたが、さすがになんの対策もされずにオール1をつけるのは納得いきません。先生方がきらりに対して対応してこなかったことの評価がオール1だと思います。起立性についても特別支援コーディネーターの先生が都合が合わないのでと病院に同行できません。前の担任も、講演会にお誘いしても、部活があるのでと断られ、誰もきらりの病状を把握しようとされてきませんでした。来年度からは合理的な配慮をしていないから罰則規定に該当するのではないかと思っています。今年まで規定がないから対応されないのでしょうね」って言ってきましたよ〜💢

長くなりましたが、担任からこれらの内容の学校側からの対応を話したいという電話だったんです。

義務教育が今だに中学生までだという日本のシステム自体も腹が立っていますが、この学校の体質に本当に憤りを感じます。担任にしか話す機会がなく、担任は自分で抱え込もうとする。結果、何の解決にもならない。。。

もっと子供を育てている、子供の人生を左右する場所だということを認識して欲しいです。
ギフテッド教育が日本に導入されるならば、究極の 個別指導=その子その子にあった環境 だと思いますから、せめて子供にとって信頼できるとか自分を受入れてくれていると思える担任を実現して欲しいと願います。

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へにほんブログ村 病気ブログ 起立性調節障害へ
[PR]

by kirarinpart365 | 2015-08-04 20:34 | 学校 | Comments(11)

荘子と修学旅行   

第2回 受け身こそ最強の主体性

【放送時間】
2015年5月13日(水)午後10:00~10:25/Eテレ(教育)
【再放送】
2015年5月20日(水)午前6:00~6:25/Eテレ(教育)
2015年5月20日(水)午後0:00~0:25/Eテレ(教育)
※放送時間は変更される場合があります
【ゲスト講師】
玄侑宗久(臨済宗妙心寺派福聚寺住職)

周囲に振り回されるマイナスなイメージがつきまとう「受け身」。だが「荘子」では、「片肘が鶏に変化してもその姿を明るく受け止めようとする男」「妻の死を飄々と受け止める荘周」といったエピソードを通して、「受け身」にこそ最強の主体性が宿ると説く。玄侑宗久さんは、こうした境地が「禅の修行」と共通性しているという。「荘子」では、主観や知のはたらきから離れて大いなる自然を受け容れ合一する「坐忘」という方法を説く。これは、坐禅により宇宙大に広がった「我」と「自然」が和した状態と共通するあり方、究極の「受け身」だ。第2回は、「荘子」が説く「全てを受け容れたとき人は最も強くなれる」という「受け身」の極意を禅と比較しながら明らかにする。

周囲に振り回されるマイナスなイメージがつきまとう「受け身」。だが「荘子」では、「片肘が鶏に変化してもその姿を明るく受け止めようとする男」「妻の死を飄々と受け止める荘周」といったエピソードを通して、「受け身」にこそ最強の主体性が宿ると説く。玄侑宗久さんは、こうした境地が「禅の修行」と共通性しているという。「荘子」では、主観や知のはたらきから離れて大いなる自然を受け容れ合一する「坐忘」という方法を説く。これは、坐禅により宇宙大に広がった「我」と「自然」が和した状態と共通するあり方、究極の「受け身」だ。第2回は、「荘子」が説く「全てを受け容れたとき人は最も強くなれる」という「受け身」の極意を禅と比較しながら明らかにする。



きらりは先生からの指示で動く事と集団行動の強制にとても反発していたのですが、
上記のテレビを観て、修学旅行に行く覚悟をしたそうです。037.gif

明日出発です。朝7時に学校集合行けるかな〜?


ご訪問ありがとうございます。応援のポチリをお願いします。更新の励みになっています016.gif

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へにほんブログ村 病気ブログ 起立性調節障害へ
[PR]

by kirarinpart365 | 2015-06-04 20:54 | 学校 | Comments(3)