タグ:FP ( 3 ) タグの人気記事   

ギフィテッドサポートセンターにて   

先月アメリカに行った時にきらりは(=K君)ギフテッドサポートセンターでインタビューをさせてもらうという、なかなか出来ない経験をさせてもらってきました。その内容をFPの先生がニューズレターにしてくれていたので、ここでもご紹介させて頂きまーす016.gif


きらりは行く前に、なにを聞こうかちょっと緊張していたのですが、「案外アンさんがお喋りで、時間を持て余す事もなく良かったわ〜」と言っていました(笑)アンさんもギフィテッドに理解のない国の子からのインタビューは初めてだったのではないでしょうか?基礎知識のない難しい質問にお答え下さって感謝致します。



この7月、Feelosopher’s Path サマーキャンプの合間にサンフランシスコベイエリアにあるギフティッドサポー

トセンターを訪問しました。自分の娘さんもギフティッドであり、多くのギフティッドと保護者をサポートしているディレクターのアンさんにギフティッドに関して色々聞いてきました。質疑応答の代表はK君。K君の「ギフティッドって?」という質問にアンさんは丁寧に答えてくださいました。IQチャートとギフティッドサポートセンターが使用しているクオリテェイティブアセッスメント(ギフティッドの特徴)を用いて説明してくださいました。そして、アンさんの娘さんのエピソードや、これだけは必ず覚えておきたいギフティッドの事などを話してくださいました。

アンさんは

「ギフティッドの子供たちはソーシャルスキルではなくソーシャルエモーテョナルスキルを学ぶ事が必要不可欠です」と話していました。

そして、「ギフティッドか否かというアセッスメントよりも、それぞれのギフティッドの素晴らしさが開発されるチャレンジやサポートを見つけるのが、ギフティッドサポートセンターの役割です」とも話していました。

「ギフティッドの子供たちはソーシャルスキルではなくソーシャルエモーショナルスキルを学ぶ事が必要不可欠です」-アン

実は、感情知能の大切さがわかっていても、アクティビティやクラスを提供するという事は難しいらしいのです。これからは、Feelosohper’s Path U.S.A のディレクターのエリン先生がアンさんと協力してクラスを提供していきます。アンさんの娘さんは私とエリン先生の教え子でもあり、これからのFeelosopher’s Pathとギフティッドサポートセンターそして、日本ギフティッド協会のコラボが楽しみです。

- Feelosopher’s Path Japan



そうですよね・・・もしかして我が子がギフテッド?と思っても子供に対する適切なサポートは難しいです。早く日本でもこういった専門機関が出来て、客観的なアドバイスをもらえたらこころ強いですよね〜


ということでこれからのFPJはますますパワーアップするようで楽しみです!



お帰りの際に応援のポチリをして頂けると更新の励みになりますので、よろしくお願いします〜003.gif


     にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ


[PR]

by kirarinpart365 | 2015-08-27 22:12 | たぶんギフテッド | Comments(0)

自己肯定感で起立性調節障がい克服?   

昨日の続きです

自己肯定感というのは、自己理解と、他者との共感があって生まれるものだそうです。
FPでは安心して自分を出せるし他の子が何を言っても肯定的に受け止められる仲間ができているようです。それは日本のメンバーだけでなくアメリカで会ったメンバーも同じように受入れてこられているからすっと馴染めるようです。
そのハードルはみんな超えてきているので、共通の活動を一緒にできるんだろうな〜と解釈しています。

アメリカのプログラムではFBIをもじってFPIという警察ごっこ(きらりの言葉)を通して仲間と協力して事件を解決し、その過程で上記のような自己理解を深め他者を認めたり、自分の限界からはみ出す冒険をしてきたようです。
実際、警察の公的な所にも入れてもらって、捜査の仕方等も体験出来たようで、貴重な体験も出来ました〜

その後はヨセミテ国立公園や本栖湖でもキャンプをし、さらに自分の目標も持てたそうです。そこらへんは先生からの話だけできらりからきけていないのですが、、、

めちゃくちゃインドア派のきらりなのにいまやキャンパーだと自称していますよ〜笑

そんなこんな?でなんと、起立性調節障がいが完治したそうなんですよ!!!

びっくりです!毎日朝6時頃には起きて、活動していたと。。。

FPの先生が、「きらりは意義と意味があると思える事には起きれるし動けます」と断言されていた事がわかりましたよ。。。学校に意味も意義も見いだせなかったということですね。。。
誰でもしないといけないとか、みんながそうしてるからとか、慣例だからとかでは納得出来ないのですよ。自分がどうしたいかどう動けるかしかないんですよね。
何となく知識としては分かっていましたが、こんなにあからさまに違うと、これはもう普通の感覚が通用しないんだなと思いました。
え?今更っておもいました?(笑)

奈良の塾のH先生までも、「きらりはもともとそんな病気になっていませんでしたからね」って言うんですよ。でも、専門外来で診断されたんですよ?血圧や脈拍は?

なにはともあれ、私としては、起立性が治ったとの事が、心底万々歳です053.gif053.gif053.gif

帰宅してから1日は友達と遊び、1日は京都マンガミュージアムへ一緒に来て欲しい、行き方を覚えてこれから1人で行くからと言うのでつき合いました。
その次の日から、なんと、勉強したいからと奈良の塾へ行ってしまいました。それから1週間。本人からの連絡はありません。

はてさて、本当に勉強しているのか?にわかには信じられませんが、どうやら親離れしてしまったのではないかと思います。
私の母の意見では、もともと精神年齢が高かった訳だし、親離れしたかったんだろうけど、起立性だったから離れられなかったんだろうね。だから治ったと本人が言ってるように治ったから親離れしたのよ、おめでとう。と。。。

え〜突然離れられるとすごく寂しいのですよ〜私の心の準備ができていないんですよ〜007.gif


子離れを頑張らないとと戸惑っている私を応援していただけると嬉しいデス016.gif
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]

by kirarinpart365 | 2015-08-20 22:26 | たぶんギフテッド | Comments(2)

アメリカで得たもの   

えーっと、きらりは7月末に帰国して自宅には帰らずに、引き続き本栖湖でのキャンプに参加して7日に帰宅しました。
すっごく充実して満足したアメリカから本栖湖だったようです。
行きの飛行機の中では隣の席のご婦人と仲良くなりずっとおしゃべりしていて、サンフランシスコのおすすめ観光地を僕の先生に聞いてあげるからとサンフランシスコに着いてからも一緒に移動していたのだけど、きらりはアテンドをつけていたため、ご婦人と離れてしまって、FPの先生に観光地を教えてもらえなかってんと。最後、さようならとかグッドラックとか言えなかった事は残念ですけど、なんとも微笑ましいスタートだったようです。

アメリカでのホストファミリーもとっても親切で、きらりを歓迎したいからきらりの好きな食べ物を教えて欲しいとメールを頂いたりとても安心して私は過ごす事ができました。

10歳の男の子へのお土産は例の手塚治虫のマンガで、(日本語と英語で書かれたもの)手渡したら、抱きついて喜んでくれたと。 fondue restaurant っていうおいしそうなレストランに連れて行ってもらってました。

2軒目のお宅では、犬を2匹飼っていたそうなんですが、JACKという名前の犬がきらりと遊ぼうとちょっかいをかけてきて、なんときらりの睡眠導入剤をくわえて逃げたらしいんです。起立性だから医師から処方してもらったものです。
そこで思いっきり日本語で「このバカ犬〜!」と追いかけたら家族が集まっているリビングに逃げ込んだそうなんです。で、きらりはあせってなんとか伝えようと、「ドッグ イート サプリメント!」と言ったそうで、サプリなら大丈夫とホストファミリーもニコニコしていたらしいのですが、でも薬のアルミのシートが飲み込んだりしたら危ないからとがんばって伝えたら、お父さんがなんとかJACKの口から取り出してくれたそうなんですが、中身の薬はJACKが飲み込んでしまったそうなんです。(ここまできいて冷や汗が出ましたよ〜💦)
その後ご飯を食べたり雑談したりしていたのだけどJACKはずっと寝ていたらしく、家族の誰もおかしいと気づかなかったけどその後のJACKの様子を見ていたら、ご飯の時も雑談の時も賑やかにしていたからやっぱりこの時は薬が効いていたんやろうなあって懐かしそうに遠い目で話してくれて、数秒後に大笑いしました003.gif
もちろんJACKが無事だったから笑えたのですがそのシーンを想像したら面白くて、、、ごめんねJACK。

ホストファミリーはみんな親切で、子供たちはギフテッドで、すごく居心地がよかったようです。

ただ、私が持たせたお土産のなかにパウチの梅酒が2家庭分(2個)あったのですが、それがバックパックの底にあってとりだすのが面倒だからと、持って帰ってきたんですよ💢720mlが2つ。さぞかし重たかったでしょうと031.gif

最終帰宅した時点でICOCAと予備で持たせた1万円と私たち家族に買ってくれたお土産をなくし、とっても残念でした。ICOCAに至っては、FPの先生がしょっちゅうSuicaを失くしているらしいし、こんなにハードスケジュールだったのだから何か失くしても当然だと言い放ち、全く腹が立ちましたよ。

そうそう言い訳と言えば、今回のアメリカへはマンガを持参する事は禁止になっていたのに、なんと8冊も持って行ったんですよ。それだけでどんだけ重たいねんってとこなんですけど、FPの先生が空港できらりがマンガを持ってきてる事をご存知で(ママ友経由でもれたかな〜?笑)没収すると言った所、「先生とは人生に置いて長いおつきあいになると思いますので、1度くらい反抗しとこうかなと思って  えへへ。」と言ったそうで、きらりらしいいい訳をしていたようです。悪びれないところがいいところなのか。。。044.gif

失くしものもありましたが得たものはとっても大きい自己肯定感でした!!!


読んで頂いてありがとうございます。こんなに更新していないのにお願いするのもきが引けるのですが・・・ランキングに参加しています。ポチッと応援して頂ければ光栄です〜012.gif

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
[PR]

by kirarinpart365 | 2015-08-19 20:16 | たぶんギフテッド | Comments(4)